開催中の企画展

 

写真展 第2期 展示開催!

雪文化3館提携25周年記念特別展
『天の恵みをいただいて―水・光・風―』
酒井健・松田昇 写真展  
 

本日、10月20日(金)よりテーマと作品が替わりました。
11月19日(日)まで展示いたします。

酒井さん テーマ:「魚沼・雲海の郷」
松田さん テーマ:「春夏秋冬、光と影、水、空気、瞬間を感性の趣くままに」

 

次回のギャラリートークは
11月5日(日)14:00~14:40 に開催いたします。

 

美しい魚沼の景色を紹介しています。

稲刈りも終わり、木々や山々も色付き始め、
当館周辺の景観も、大変秋らしくなってきました。
 

お散歩がてらに、お気軽にお立ち寄りくださいませ。

 

IMG_3675

 


酒井建・松田昇写真展 開催中!

 

 

 

 

 

 

 

会期 1期:10月19日(木)まで
    2期:10月20日(金)~11月19日(日)

    ※1期・2期では、作品が入れ替わります。

とても気さくで素敵な、南魚沼市在住のおふたり。

それぞれの目に映る、四季折々の美しい風景は、
自然の恵みの中で生かされているという喜びを伝えてくれます。

★ギャラリートークにも、ぜひお越しくださいませ。
・10月14日(土)
・11月5日(日)  各日14:00~14:40

 

酒井 建(さかい けん) Sakai Ken

 

魚沼・時々刻々 

                        

人は毎日見慣れた風景の美しさには
案外気づかないのかもしれません。

私の見た魚沼地域をご覧いただき、
「エッ、こんなところがあるの?」
と思っていただけるなら、とても嬉しいことです。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【略歴】

2009年 毘沙門堂裸押合大祭の記録、 「雪と炎の奇祭」の編集委員
2010年以後 GLOBE CLUB で写真展開催
2011年以後 池田記念美術館「八海山夢展」「魚沼ベストショット展」に出展
2012年 池田記念美術館「新潟の美術家たち展Ⅱ」に映像出展
  池田記念美術館「南魚沼の木喰展」の図録写真を担当
2013年 池田記念美術館「新潟の美術家たち展Ⅲ」に映像出展
2014年 中島すい子著「私の恋した雲蝶さま」の写真を担当
2015年 新潟県関川村 国指定重要文化財「渡邉邸」
  修復完成記念イベント「春の響」に写真スタッフとして参加
  DVD「四季八海」「石川雲蝶作品めぐり」を出版
  六日町「龍氣仏画美術館」で石川雲蝶の作品写真を展示中
2016年  トミオカホワイト美術館市民ギャラリーで写真展「波紋」開催
2017年 雑誌「自遊人」に写真採用(16ページ、50枚)
  伊米ヶ崎公民館で写真展「水鏡」開催

   現在         池田記念美術館のアドバイザリースタッフ
           六日町温泉御宿・龍言で毎週日曜の夜 「週末ふるさとトーク」を開催

 

 

 松田 昇 (まつだ のぼる) Matsuda Noboru

 「雲海のある風景」

 

風景は、一期一会。
季節・天候・時間で、同じ表情を見せる事は二度とありません。
この地で生活できる事に感謝しながら、朝の光と雲海、
季節の一瞬を写真に撮りました。

 


 

 

 

 

 

 

【略歴】

1957年4月29日 八海山の麓 南魚沼市中手原生まれ
現在60歳 南魚沼市新堀在住。
一級建築士事務所・松田建築デザイン事務所代表。
50歳のころ体力維持のため、坂戸山に登り始める。
その際、坂戸山からのご来光に出会う。
しばらく遠ざかっていた写真と登山を復活。
現在に至る。


雪文化3館提携25周年記念特別展

ごあいさつ

新潟県でも屈指の豪雪地帯である魚沼地方。
雪文化を発信する3館の姉妹館提携が25周年を迎えました。
これを記念し、3館持ち寄りの資料と併せ、各館にて独自の特別展を開催しております。
雪の力や美しさ、雪文化の多様性、ならびに文化遺産の素晴らしさを再認識していただき
雪への理解と愛着を深めていただければ幸いです。

雪文化3館 十日町市博物館・南魚沼市トミオカホワイト美術館・鈴木牧之記念館

 

主催: 十日町市博物館・(公財)南魚沼市文化スポーツ振興公社
後援: 南魚沼市・南魚沼市教育委員会

 

雪文化3館提携25周年記念特別展
「天の恵みをいただいて―水・光・風―」
酒井建・松田昇 写真展

Ⅰ:10月19日(木)まで
Ⅱ:10月20日(金)~11月19日(日)
※会期中、南魚沼市民の皆様は観覧無料です。

南魚沼市在住の両氏がとらえた魚沼の風景をご覧ください。

八海山からのご来光雲海を照らす
「八海山からのご来光雲海を照らす」 松田昇

★ギャラリートーク
・10月14日(土)
・11月 5日(日)   各日14:00~14:40


他館展示資料
・山内写真館資料「雪国の生活写真」(十日町博物館より)
・『北越雪譜』挿絵「駅中正月積雪の図」(鈴木牧之記念館より)


十日町市博物館
「雪と生活」
所蔵する冬の民具を紹介します。
展示解説■9月23日(土)14:00~14:30

鈴木牧之記念館
『北越雪譜』と織物
塩沢地域の織物の歴史を『北越雪譜』と併せて紹介します。
作品解説■10月21日(土)14:00~14:30

○割引券つき「スタンプラリー」を開催中です。
 専用用紙か特別展チラシ裏面に3館すべてのスタンプを集めると
 3館目の受付で記念品をプレゼントしています。
 ぜひ、ご参加ください。


富岡惣一郎 水面(みなも)‐光と影‐

雪国・海Eトリミング
「雪国・海E」 1970年/F30

富岡惣一郎が描く「白の情景」には、雪が降り積もる湖や川、流氷が漂う海、
中国桂林の霧に佇む大河といった水も表現されています。
晩年は無色透明で形のない水をテーマに描いた時期があり、光によって刻々と
受けて波打つ様子や穏やかな湖面に映し出される空の色や原生林の木々、荒れ狂う
冬の海など千変万化する水の表情を独自の技法でシンプルに表現しています。

桧原湖・冬トリミング
「桧原湖・冬」 1991年/F60

本展では、光と影により変化する水を描いた作品を中心に、
雪山や樹木、墨絵作品を展示いたしますので、ぜひご覧ください。

 

■展示作品(都合により変更になる場合がございます)

タイトル

制作年

号数

雪原 C

1962

P8

ニューヨーク・マンハッタン B

1967

F15

雪国・海 E

1970

F30

原生林 B

1971

F60

霧・大杉谷 D

1972

F50

熊野原生林・滝

1973

F50

湖北・比良山脈

1973

F30

網走湖畔朽木と鳥

1974

F6

尾岱沼夕景

1974

F10

岩手・八幡平

1975

F60

飯豊連峰(東北)

1975

F60

月山

1975

F60

妙高山 A

1976

F30

北アルプス・山並み A

1978

F100

梢 E     *1

1979

墨絵

けやき    *2

1979

墨絵

白い田・白馬 A

1980

F40

冬・梢 A

1981

F60

桂林山水・水上より B

1982

F60

桂林山水・霧・水上より・陽朔 B

1982

F100

信濃川・摂田屋

1984

F60

銀山湖 A

1983

F120

銀山湖 B

1983

F120

北の海 A

1985

P150

アラスカ氷河・エルドリッジ

1987

F100

大雪山・糠平湖

1988

F120

昼花火・片貝 F

1989

F100

夜花火・長岡 A

1989

F100

雪国・晩秋・山 B

1990

F120

1991

F100

桧原湖・冬

1991

F60

五色沼・春 C

1991

F30

外濠丸の内・冬 A

1991

F60

利尻姫沼・冬 A

1991

F100

親不知・冬 B

1991

F30

阿賀野川・冬

1991

F100

早春・北の海

1991

F60

秋・紅吹雪

1992

F100

雪雲・夕・剣岳

1993

F60

雲海・富士山 A

1993

F100

*墨絵は作品保護の為、数字順に入れ替えを行います。

 

 


城内さんぽ~歴史編~泉新田・長森

新編城内郷土誌に記載されている城内地区の歴史や、
文化についてご紹介していきます。

7月は泉新田と長森地区の歴史をご紹介します。
22 004
寺社や沿革、魚野川の氾濫や泉新田地区の産業
長森地区の八海醸造などの紹介を城内さんぽで
おなじみの井口亘さんのイラストと共に紹介しています。

22 005
皆さんお誘いあわせの上、お越しください。

 



 

 


市民ギャラリー7月

似顔絵師・阿部宏之イラスト展
~絵顔で笑顔~

7月の市民ギャラリーは、似顔絵師・阿部宏之さんの作品展示です
002
1人1人特徴をよくとらえた笑顔になれる似顔絵ばかりです。
001
会期:7月1日(土)~7月31日(月)
観覧は無料です。お気軽にお越しください。




休館日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30