チョークアート体験教室を行いました。

チョークアート体験教室


12月1日(日)に中学生以上の部、
12月8日(日)に小学生の部(午前の部/午後の部)を行いました。

12月1日(日)中学生以上の部
中学生以上の部では7名の方が参加し、
A4サイズの『ゆきだるまのメッセージボード』を
制作しました。

↑講師の金子 恵先生の説明の様子    ↑ゆきだるまの帽子とマフラーを塗っています。


↑金子先生のレクチャー         ↑ゆきだるまの顔を付けています。
 ゆきだるまの顔を塗っています。     ニンジンの鼻がかわいいですね。

 
↑文字の形にカットしたテープの穴を   ↑テープを剥がしていきます。
 パステルで塗っています。
    

↑まるでプリントしたかのように    ↑サンプルから文字を選びフリーハンド
 くっきりと文字が現れました。     で文字を描いていた方もいました。


↑ゴールド、シルバーのインクの    ↑パステルが落ちないようにコーティング
 スタンプでデコレーションします。   した後は、机のイーゼルに飾り乾燥させます。

どの方もとても集中して制作を行っていました。
講師の下書きはほとんど同じものが書いてありましたが、
それぞれ帽子やマフラー、ゆきだるまの影の色などを
好きな色を使用した為、同じモチーフでも全く違う作品
が完成しました。
テープを使用し文字を描いたのですが、
パステルをグラデーションになるように塗った後、
テープを剥がす瞬間はすごーいと歓声が上がりました。
シルバーのインクで雪の結晶やハートなどのスタンプ
で装飾した方もいらっしゃいました。
どの方の作品も素敵な作品に仕上がっていました。


12月8日(日)小学生の部 午前の部/午後の部
小学生の部では各12名参加し、
A5サイズの『ゆきだるまのメッセージボード』を
制作しました。

午前の部の様子

↑キャンセル待ちが出るほどの人気でした。 ↑手袋の描き方の説明を聞いています。


↑ゆきだるまの顔が立体的です。     ↑3段のゆきだるまに耳付きでアレンジが
                                                              効いています。


↑完成した作品がズラリと並んでいます。 ↑自分の作品を掲げて記念撮影。


午後の部の様子

↑真剣に金子先生のお話を聞いています。 ↑色を選んでいます。

↑ゆきだるまの頭を塗っています。    ↑ゆきだるまの身体を塗り終わったところです。

↑思い思いの背景を描いていきます。        ↑作品乾燥中


↑最後に記念撮影

メッセージボードとして作品を制作する方も、
インテリアボードとして画面いっぱいに装飾をしている方もおり、
個性的な作品が沢山完成しました。
低学年のお子さんもいらっしゃいましたが、保護者の方と
相談しながら制作に取り組み、最後まで完成させることが
できました。



開館カレンダー         開館日(緑)休館日(ピンク) 臨時休館日(オレンジ)

Loading...
<< Previous | Next >>
  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

雪文化3館提携

雪国アート回廊