011

 トミオカホワイト美術館

 

 

南魚沼市トミオカホワイト美術館              
Tomioka White Art Museum

当美術館は、新潟県・高田生まれの富岡惣一郎(1922~94)の油彩絵画『白の世界シリーズ』の大作500点を収蔵、常設展示しております。
富岡惣一郎は、自ら開発した黄変、亀裂、剥落のない白油絵の具「トミオカホワイト」と、刀鍛冶に特注した長大ペインティングナイフで、一貫して国内外各地の雪国の世界を取材、死の前年まで大作を描きつづけました。
油絵とは思えない平滑、清澄、魅力的な輝きを秘めた独特の白と黒の絵に、殊にアメリカ人は、「東洋の白」あるいは、「俳句そのもの」などと共感し、『トミオカホワイト』と呼んで親しみました。
雪国に生まれた作品は、雪国に還す、という画家の長年の念願がかなって、1990年の初冬、八海山山麓のこの地に開館しました。

 

展示室OLYMPUS DIGITAL CAMERA

収蔵作品の大半が60号~150号という大作であるた
め、壁面高を5メートル、天井を8メートルとり、展示
作品全体を把握できるように床面50メートル×10メ
ートルのシンプルな、大空間一室構造に設計されて
います。

 

 

ラウンジからの眺望test

大窓の外は雪国の四季の風景が広がり、冬は見渡
す限りの「白の世界」となって、富岡の作品と響きあ
います。
窓正面に屹立する霊峰八海山は、春夏秋冬にその
風貌を変え、静かに語りかけてきます。
絶好のスケッチポイントとしても多くの方に親しまれ
ています。

 



休館日

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31